2005年03月27日

知っていることを言語化するだけの勉強

僕は学校で習うことで価値があることは
自分が知らないことでそれが自分を感動させるものだけだと思っていた。
なのに習ったことは既に知っていることをただ言語化しただけのことが多かった。
僕は言葉が嫌いだから
感覚的に知っていることを言語化するとただ混乱するだけな場合が多かった。
僕にとって言語化することは分解してしまうことに似ている。
言語化せずにそのまま憶えておけば組み立てる手間がかからないのにとか
言葉さえ覚えていればその感覚がよみがえるとも限らないのにとか思っていた。
何ですすんでバカになろうとしているのかわからなかった。

今になってわかったことは言語化するのは他人に伝えるため。
伝わるとは限らないけど。
それから言葉を知っていると物理的な暴力を振るわなくなる効果もあるそうです。
自分の考えを伝えられないときって物に当たってしまったりしますね。
さらに、考えるときにも役に立ちます。
意識できないことって考えにくいですよね。
posted by N at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

強制

僕が通っていた中学校は強制的に全校生徒が部活へ入部させられた。
田舎の小さな学校だから部活の種類は少なく
入りたい部活はなかった。
だから仕方なくバレーボール部に入った。

日曜日も第二第四土曜日(中2か中3のとき第二第四土曜日が休日になった)も
春休みも夏休みも冬休みもほとんど毎日活動していた。
どの部活もだいたいそうだった。

強制入部だからやる気ないのは当然。
なのにやる気なさそうに練習してると
やるきねぇのなら来るな!と怒鳴られる。
あるわけないって。
こうして強制的に入部させられた奴らは
本気でやりたい人たちの迷惑にもなってしまう。
どちらにとっても何のメリットもない。
しかもレギュラーじゃなくレギュラーの練習相手にもなれない人は
始めの基礎練習以外はボールを使った練習をさせてもらえない。
その後はただ声を出したり玉拾いをするだけ。
つまり運動にもならない。
しかもレギュラーの奴らはそれらを怠ると偉そうに怒る。
そして後始末とかも専らその人達がやらされる。
(やる気もなく入部させられたんだからこうなることは予めわかっていた。
教師もそんなことはわかっているだろう。
わかっていながら強制入部させるとは。
時間泥棒め!
生徒をバカにし過ぎですよ。)
こんなばかばかしいことのために休日は潰されてしまう。
お前等だけで勝手にやってろと思った。
だから辞めたくなる。
だけど辞めさせてくれない。
辞めたとしても他人からいやな目で見られるのは明らかだ。
それでも見つからないように帰っていた人も数人いました。
偉いですねぇ。
posted by N at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

被験者に先入観を持たせてから実験すること



例えば、椅子に座っている人のひざのすぐ下を叩くと
たいていの人はひざから下の部分とふとももの間の角度が広がる。
だけど実験前に被験者にそう言ってしまうと
言ったとおりにならない場合、
被験者は我慢しているのか本当に反応しないのかわからないし、
言ったとおりになった場合、
被験者は何も感じなかったからしかたなく言われたとおりにしたのか
自然に動いたのかわからなくなってしまう。


だけど今もうちょっと考えてみたら
被験者は実験のずっと前にそのことをどこかで聞いたのかもしれないし
聞いたけど忘れているかもしれない。
だから相手が白紙の状態かどうかを確かめるのも難しい。
それに体調とか気温とか湿度とか他の条件が影響していないとも言い切れない。
だから何の実験をしたのか正確にはわからない。
という結論に達した。


posted by N at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

論理的に正しいことが正しいとは限らないと言う人

しっかり考えもせずにそう言う人を見るとめちゃくちゃ腹が立った。
たいていはそう言う人の論理が間違っているだけなのに。
例えば
「人間は論理だけでいろんな判断をしているわけではない。
だから論理的に正しいことが正しいとは限らないと思う」
とそれらの人は言う。
この例では2行目が理由になっていない。
1行目だけでストップすべき。
1行目は論理の前提になると思う。
ややこしいから1行目を書き変えます。
「人間は正しい判断に従って行動するとは限らない」
posted by N at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

給食

好きなものもありましたけど
嫌いなものが出ると本当に嫌でした。
僕が通っていた小学校では給食の後に昼休みがあり
その後に掃除がありました。
僕は嫌いなものがでると掃除の時間も食べ続けていました。
掃除する人の邪魔になるし恥ずかしかったです。
低学年のときは泣きながら食べていたこともありました。
僕はシチュー、七草粥が嫌いだったのですが
なかなか食べられないからどんどん冷めていく。
そして冷めるほど不味くなる。
そして絶対に食べられなくなってしまう。
それを見ていた先生は腹が立ったらしく
こうすれば食べられるよといってシチューを米にかけて食べさせようとした。
ますます食えなくなった。
昼休みに教室に自分しかいなくなったときに
嫌いなものを窓から捨てていたこともあった。
食わなければ生きていけないなんて嫌だなぁと思っていた。
posted by N at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
乾電池またはSDが使えるMP3プレーヤー
100マス計算
100マス計算
100マス計算
100マス計算
100マス計算
中古テレビゲームオンラインショップリンク集(中古テレビゲームネットショップリンク集)
嫌いだったこと
ワーキングメモリーを鍛える
フラッシュ暗算
脳を鍛える
中古テレビゲームオンラインショップリンク集(中古テレビゲームネットショップリンク集)
嫌いだったこと
ワーキングメモリーを鍛える
フラッシュ暗算
脳を鍛える
中古テレビゲームオンラインショップリンク集(中古テレビゲームネットショップリンク集)
嫌いだったこと
ワーキングメモリーを鍛える
フラッシュ暗算
脳を鍛える
中古テレビゲームオンラインショップリンク集(中古テレビゲームネットショップリンク集)
嫌いだったこと
ワーキングメモリーを鍛える
フラッシュ暗算
脳を鍛える
中古テレビゲームオンラインショップリンク集(中古テレビゲームネットショップリンク集)
嫌いだったこと
ワーキングメモリーを鍛える
フラッシュ暗算
脳を鍛える
中古テレビゲームオンラインショップリンク集(中古テレビゲームネットショップリンク集)
嫌いだったこと
ワーキングメモリーを鍛える
フラッシュ暗算
脳を鍛える
神経衰弱プラス
神経衰弱プラス
神経衰弱プラス
神経衰弱プラス
神経衰弱プラス
毛穴をきれいにする方法
毛穴をきれいにする方法
毛穴をきれいにする方法
毛穴をきれいにする方法
毛穴をきれいにする方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。